トップページに戻る
澤本園からのおしらせ
澤本園商品のご案内
ご注文前に
ご注文フォーム一覧
ご注文Q&A

奥大井・川根だより
澤本園茶造りの秘密
[袋の秘密]
[気品ある茶]
[伝統の茶造]
[生産農家]
[崎平共同]
[香味園]
川根茶もっと美味しく
川根茶飲み話いろいろ

生粋川根茶 (株)澤本園
さきだいら きょうどう せいちゃくみあい
SAKIDAIRA KYOUDOU SEICHAKUMIAI
茶畑から皆様へ
崎平共同組合メンバー
崎平共同製茶組合茶工場
奥大井の山懐に抱かれ、自然豊かな中で、安心・安全・クリーンなお茶を合言葉に、組合員一丸となり日頃お茶作りにいそしんでいます。お茶摘みの時期になると遠くに大井川鐵道を走るSLの汽笛を聞きながらお茶摘みに精を出し、摘み取られたお茶の葉はすぐ荒茶に加工され、その製造過程で出てくるお茶の香りの良いこと、心も体も芯から癒されます。
そんな環境の中でお茶の栽培に携われることに誇りを持ち、皆様に喜んでもらえるようなお茶作りを一層頑張ります。
一度SLに乗って奥大井にお越しください。待ってまーす。
プロフィール
我々の組合は、川根本町崎平に有り昭和58年に設立、昭和60年5月より操業を開始現在に至っています。現組合員数28名、耕作面積6.7ha規模でお茶の栽培に励んでいます。
製茶工場は60K 1ラインと小規模ですが一つ一つ丁寧に揉み上げています。


お茶受け話・苦労話
我々組合も、だいぶ高齢化の波が押し寄せて来ているのが現状です。
そんな中いざお茶摘みの必需品、腰篭・ビービー笠*を付けると、曲がっていた腰も幾分伸び皆茶娘に変身しお茶摘みを始めます。根気のいる大変な作業ですが、それもこれも川根茶が本当に好きだからこそ出来るのだと思います。これからも、ますます川根茶を大事にし、守り続けていきます。(*「ビービー笠」は「ツゲの笠」のことです。)
組合長さん明日のこと

崎平共同製茶組合
静岡県榛原郡川根本町崎平431
組合長 永田喜久司

「崎平共同製茶組合」となる遥か昔から、澤本園の先代も先々代も崎平共同と喜びも苦労も共に分かち合ってきました。いわゆる「あ・うん」の呼吸はその歴史と伝統の賜物です。ここの優れた茶師達はいつも愛情溢れた素晴らしい荒茶を揉み上げくれます。また、特に崎平のお茶の香りは最高級。そして本川根の中では早い時期に摘むことが出来る恵まれた地区が「崎平」です。崎平共同と澤本園はこれまでも、そしてこれからも寄り添い、逸品の川根茶造りを目指します。

[このカテゴリーのトップページ]  [サイトトップページ]