トップページに戻る
澤本園からのおしらせ
澤本園商品のご案内
ご注文前に
ご注文フォーム一覧
ご注文Q&A

奥大井・川根だより
澤本園茶造りの秘密
川根茶もっと美味しく
[豆知識]
 [煎れ方]
 [量・温度]
 [澤本茶一覧]
 [保存法]
 [茶ガラ利用]
 [茶シブ対策]
川根茶飲み話いろいろ

メインメニューへ戻ります
生粋川根茶 (株)澤本園
お茶の簡単な豆知識
お茶の花
椿のようなお茶の花
「茶」は世界で最も長く愛されている飲み物であり嗜好食品であると言われています。世界中の多くの人に飲まれていますが、その詳しい歴史などはまだ明らかにされていない部分もあるようです。それでも「茶」は、アジアを中心にアフリカ、南アメリカをはじめ広く世界中で栽培されています。その多くは「紅茶」にされ、これに対し日本で生産される茶のほとんどは「緑茶」に加工されています。
植物学的にはツバキ科(Theaceae)、ツバキ属(Camellia)に属します。茶はさらにSect.Theaという節に分類され(*)、他の節の植物にないカフェイン、カテキン、テアニンなどの特有な化学成分が含まれ、これが茶の効能や品質と関係していると考えられています。
近年、特に「茶」の様々な効果が研究され注目されていますが、770年頃に著したとされている陸羽の『茶経』にも既に「寒(沈静作用)がある」と茶の薬効について示されています。
(*張 宏達(1981).中山大学学報,1:1-179.)
お茶は産地で味が違います
北は秋田県から南は沖縄県まで日本中でお茶は栽培されています。それぞれの地域ごとに、味や香りの違いがあります。大きな理由は、その地形的な条件やお茶の種類によるものです。またそれ以外にも、その地域好みに仕上げや合組み(ブレンド)がされている事もあります。の特性や、食生活での嗜好の差が微妙にお茶の味造りに反映されているといえるでしょう。自分の好きな味や香りを探したり、気分や料理に合わせてみたり、お茶をもっと楽しむためにもいろいろ飲み比べてはいかがでしょうか。お茶の世界は深くそしてとても身近で気軽です。
川根茶の特徴1・・・香りが非常に高い・味が良い・上品な渋みがある
川根茶の特徴2・・・限られた地域・新茶時期が遅い・水色が薄い
川根は美味しいお茶が育つ理想的な地形に恵まれています。そして上記のような特徴のお茶が育まれます。また高い標高は川根茶の美味しさにさらに味方します。新芽が出始めた春、夜間急激にに冷え込む山間気候は呼吸で失う養分を最小限に留め、その分新芽に貯められてゆきます。「高原野菜」が美味しいのと同じ理由です。また、病害虫の被害も暖かいところに比べると少ないため、農薬の使用もその分少なくてすみます。
しかし、山間部に広大な茶園を開墾することは難しく、また新茶の時期も4月の終わり頃からと他の茶産地に比べて少し遅くなります。昔ながらの製法で作る当園の川根茶の水色は黄金色。「深蒸し茶」などの鮮やかな緑色と比べると「色が寂しい」と感じるかも知れません。
各価格におけるアミノ酸とテアニン量高いお茶は美味しい?・・・(答)本当に美味しい
これはうま味の成分と言われている全遊離アミノ酸類、全窒素、テアニン、カフェイン等の含有量が高級茶ほど明らかに高いことが分かっています(*)。その為高級なお茶は割と無造作に煎じてもそれなりに美味しく飲めてしまうのです。「値段」と「美味しさ」には正(せい)の関係があるといえます。ただし、2,000円のお茶は1,000円の倍美味しいのかというと、これは感覚の問題ですのでそうとは一概にいえません。
(*池ヶ谷賢次郎,他(1988).野菜茶試験報,B(金谷)第2号,47-80.)
お読みくださいましてありがとうございます。ご存知でした、このページの話?

[このカテゴリーのトップページ] [メインメニュー] [サイトトップページ]