トップページに戻る
澤本園からのおしらせ
澤本園商品のご案内
ご注文前に
ご注文フォーム一覧
ご注文Q&A

奥大井・川根だより
澤本園茶造りの秘密
川根茶もっと美味しく
[豆知識]
 [煎れ方]
 [量・温度]
 [澤本茶一覧]
 [保存法]
 [茶ガラ利用]
 [茶シブ対策]
川根茶飲み話いろいろ

メインメニューへ戻ります


生粋川根茶 (株)澤本園

アンケート結果−お茶通の皆様から寄せられた
茶ガラの利用法

澤本園2000年4月アンケート結果
茶ガラの利用率
茶ガラ利用率
2割の方が、飲み終わった茶ガラを何らかの方法で利用されています。「そうじ」「肥料」「脱臭剤」が最も多い回答でした。
回答者年代内訳
回答者年代内訳
今回のアンケートにお答え下さった方の、年代別内訳です。30代の方が最も多く、10代から70代の方までご回答くださいました。また、グラフはありませんが、「茶ガラを利用される方」と「年代」に、相関は見られませんでした。
日本茶を自分で入れる割合
日本茶を自分で煎れる
アンケートに応募された約7割の方が、毎日自分で煎れて日本茶を飲んでいます。「殆どない」方の約半数は「日本茶は毎日飲んでいるが、家族の誰かが煎れてくれる。自分では煎れない。」の意味のコメントが書かれていました。
日本茶を美味しく煎れられる
日本茶を美味しく煎れられる
「日本茶をいつも美味しく煎れることが(まあまあも含む)出来る」と思っている方と、「自信がない」方とほぼ半分に分かれました。実際の質問は「いつも飲んでいる日本茶を・・・」と前置きがあります。それにも関らず「毎日自分でお茶を煎れる」方でも、その約3割は「いつでも上手には煎れられない」と思ってらっしゃるようです。もっと皆さんに美味しいお茶の入れ方を知っていただくと共に、我々は何かより良い方法を考えなくてはと思いました。

お茶を飲む度に出てしまう「茶ガラ」。抗菌作用・消臭作用もあり、ビタミンやミネラル類など栄養分も多量に残ってしまっています。再利用は出来ないでしょうか。
他のお茶好きな皆様は、どのように利用なさっているのでしょうか。アンケートで、沢山のご回答を頂き本当にありがとうございました。ここにまとめて紹介させていただきます。ページの都合上、頂いた全てのご意見を掲載出来なかった事をどうかお許し下さい。また、同様なご回答の場合、詳しいまたは早い方のお名前で記載させていただきました。掲載は原文どうりですが、一部訂正を加えさせていただいたものもございますのでご了承下さい。

料理などで摂取する
●佃煮にする。(群馬県 C・A様)
「茶ガラをしょうゆ、砂糖(みりん)、で汁が無くなるまで煮る。仕上げにゴマ、唐辛子をふる。高級茶の茶がらの方が美味しい」とのコメントをお店にこられたお客様からいただきました。
●乾燥させて ミルサーで粉末にして料理に入れたり、ビタミンCの粉末と混ぜて飲んでいる。(大阪府 リュウママ様)
●最近はひいて粉にして、一緒に飲んでいます(静岡県 H・I様)
これらは「茶ガラ」の利用ではありませんが、「粉」にして飲まれるというご意見も多く頂きました。「毎朝、粉にしペットボトルと共に会社に持って行く。水を入れ飲むときは振って。茶がらも出ないしお奨め。旨味のある「八十八夜摘」以上が良い。」、こちらもお店のお客様からです。
「茶ガラ」というより、「お茶」そのものを料理に使われる方が多いようです。小國伊太郎編著「元気が欲しい人はお茶を食べなさい(ごま書房)」には、沢山のお茶を使った料理法が紹介されています。また、昨年実施された「川根茶を使った創作料理コンクール」でグランプリに輝いた、和田マサエさんの「フィッシュ・ド・チャッコン」は美味しい・簡単・栄養たっぷりのお奨め川根茶料理レシピです。
心と体に利用する。
●乾かして枕に入れる。良い匂いで安眠できます(神奈川県 えふ様)
●ふきんにつつんで、お風呂に入れています。茶殻って廃棄物ってかんじなので口にいれるのは少々抵抗があるので(静岡県 S・E様)
●はずかしいのですが、水虫なんで治療薬として使っています。かなりの効果を示していますので、へたに薬とか使うよりもはるかにいいと思いますよ!(長崎県 BOOSKA様)
緑茶の殺菌力が水虫にも効果があるそうです。出がらしのお茶を桶に入れ足を浸けたり、お茶で軽く絞った手拭いで患部を拭くなどして、効果を得ておられるそうです(ご来店のお客様)。茶染めの靴下やスカーフも抗菌が期待できます。また、あるテレビ番組で「お茶のお風呂は体を良く暖め、冷め難い。」と放映されていたとの情報も頂きました。
脱臭剤として利用する
●三角カゴや冷蔵庫の脱臭に使っています。(岐阜県 まみ様)
●鍋に残った臭いをお茶ガラでこすって消す。(埼玉県 むつ様)  
●灰皿に入れておく。(埼玉県 PRADO様)灰皿に敷いて灰と一緒に捨てる。(愛媛県 やまなか様)
●レンジの臭い取り(福岡県 A・Y様)
●ごみの消臭剤として。(静岡県 臼井様)
●食器等の臭い消しに利用している。(神奈川県 T・T様)
「脱臭剤」として使う際に、1)そのままと2)乾燥させて使う方の数は、ほぼ半々でした。上記は1)のご利用方法です(一部は明記無し)。「生ゴミとしているが、脱臭効果が多少あると思う」内容のご意見は多数いただきました「出がらしのお茶をまな板にかけると、魚の生臭い臭いが消える(お名前無)」「茶ガラを1分ほど電子レンジにかけて、湯気が立ったところで内部を掃除する。臭いも消えて一石二鳥」は脱臭プラスお掃除利用のご意見です。
●集めて紙のパックに詰め、靴の中に入れています。脱臭と湿気取りに効果があると聞いたので。(埼玉県 K・I様)
●冷蔵庫の脱臭剤とかに利用しています。(山形県 砂喀様)
●脱臭効果があると聞いたものですから、脱臭剤の代わりとして使用しています。(千葉県 早矢仕様)
こちらは2)「茶ガラ」を乾燥させてのご回答例です。「消臭剤」として使われるなら、手間はかかりますが「生」より日持ちがします。干す前に、ゴミネットなどで水分を絞り、広げて乾かします。風に飛ばないよう工夫が要ります。お茶パックに入れたものは、絞ってそのまま洗濯バサミで吊るして干すのが簡単です。乾燥茶ガラをお気に入りの布袋や籐カゴに入れたり、器に入れてビー玉や綺麗な石を乗せたり、惜しげなく使えるのが嬉しいですね。
掃除に利用する
●天日に干して、カラカラに乾燥したら(気が向いた時)畳の上にばら撒きほうきで掃く。これは、祖母の知恵です。(鹿児島県 お茶漬け様)
●乾燥させて階段の掃除につかう。生ごみといっしょにしていても結構においがおさえられますよね。(兵庫県 らん様)
●床をほうきで掃く時にまいて一緒にごみととる。ほこりが飛ばないで小さなごみやほこりまでしっかりとれます。(長野県 石黒様)
●玄関にまいて掃除していますが、ホコリがたたなくて良いと思います。(宮城県 かすみ様)
圧倒的に多かったのが「玄関(のたたき)」、次いで「畳」でした。また、「階段」「床(リビング)」のご意見も。掃除と言えば、昔、祖母がちゃぶ台にお茶を少量かけて拭いていたのを思い出します。今思えば、殺菌効果もある「昔の方の知恵」ですね。掃除では、濡れたままの茶がらを絞って使われる方が多く、乾燥して使われる方は少数でした。
●嫁さんが窓拭きなどに使用している様ですね(大阪府 イッシー様)
●研磨剤(神奈川県 chiharu様)
「クレンザーの変わりに台所のシンクにバラ撒いて、スポンジで擦るとさっぱりする。環境にも優しい。」と店のお客差様が教えてくださいました。「窓拭き」を教えていただきたいと思います。どなたか具体的な方法をご存知の方はぜひご一報下さい。
植物に利用する
●家でEM菌を使って肥料を作っています。野菜クズだけだとすごく臭くなってしまうのですが、茶殻を混ぜておくと臭みもなくとてもいい肥料になります。(埼玉県 茂木様)
●乾かしてから、土といっしょに混ぜて観葉植物の肥料にする。(東京都 E・Y様)
●家庭菜園の肥料に(奈良県 田付様)
●植木鉢に入れている。(兵庫県 大聖歓喜天様)
●花壇にまく(大阪府 ぶーすけ様)
●肥料として庭に埋めている (北海道 濱松様)
●自分のはたけに、すてる。(東京都 栗原様)
沢山の方が肥料として、茶ガラを有効利用なさってらっしゃいました。乾かしたり、そのまま使ったり、皆様工夫されてます。方法も、撒いたり、混ぜたり、埋めたり、捨てたり(肥料としてと理解させていただきました。)と色々頂きました。これは、近所の農家の方からですが「茶ガラは雨で濡れると滑ります。畑仕事の時は注意してください。」とのことでした。
その他のご回答から
●なにやらよくは知りませんが、奥さんが捨ててないところを見ると、なにかに使ってるみたいです。なんだか知らないのですが・・・(すみません、役に立たない回答で)。(神奈川県 すずぱぱ様)
●茶ガラの後始末が面倒なので、市販の紙パックに入れています。(埼玉県 清水様)
紙のパックに入れて、茶ガラ掃除の面倒を省いているとのご意見も多く頂きました。また、その一方、「紙(パック)の味が出て、大変不満である」などの声も頂きました。今後この事について、皆様からご意見や解決方法などを給わっていきたいと思います。
皆様からのご意見・ご提案から作られたページです。上記事項を実際にお試しになられ、障害・損害等が生じた場合でも弊社では責任を負うことが出来かねますのでご了承下さい。また、内容が事実と異なる場合、掲載による権利の侵害・不具合が発生した場合等がございましたら、恐れ入りますが澤本園にご一報下さい。直ちに文面の削除・訂正を検討致します。

[このカテゴリーのトップページ] [メインメニュー] [サイトトップページ]