令和4年度「一番つみ荒茶」発売しました。

4月24日吉日 本年度最初の川根新茶、澤本園の「一番つみ荒茶」発売いたしました。

本年度は4月21日最初の手摘みを行いました。慎重に丁寧に荒茶製造し予定より少し早く「一番つみ荒茶」をお届けできる運びとなりました。

冬がしっかりと寒くまた春に恵みの雨もあり、今年は川根新茶らしい力強さのある満足できる出来栄えです。
一年に一度だけ。今だけしか味わえない旬の贅沢をぜひ「一番つみ荒茶」でご堪能下さい。

圧倒的な新茶の瑞々しい香りを最大限に味わう、敢えて再火を行わず形を整えるだけの「荒茶」仕立て。
5月10日までご予約を承りますが、生産量に限りがあるためご予約状況によっては期日前でも販売を終了する場合がございます。ご了承ください。

なお、「一番つみ荒茶」は水分含量が高く(約5%)、通常の煎茶(約3%)に比べて日持ちいたしません。開封しましたら賞味期限にかかわらず、最長1週間程度で飲み切ることをお奨めいたします。
移り香が心配される為、開封後の家庭冷蔵庫保存はお避け下さい。
7g一煎パック、50g袋、100g袋から、お召し上がりいただく頻度に合わせてお選びください。贈答には80g入缶もございます。お友達や遠くにおられるご家族に川根一番の新茶をぜひお贈りください。